税理士へ相談できる相続時の節税対策

名古屋の税理士には相続時の節税対策を相談できます。
これも税理士に頼める依頼内容の一つです。
相談するタイミングは、相続が起きる前でもOKです。
たとえば自分が死んだとき、遺族が相続税で苦しまないように、あらかじめ税理士へ相談して節税対策ができるんですね。

ここで教えてもらえる節税対策とは、たとえば生前贈与する方法です。
相続税は、相続時に遺産が誰かの手に渡ったときにかかる税金です。
つまりそれ以前にもう誰かの手に渡っていれば、相続税はかかりません。
つまり計画的に生前贈与を進めると、それだけ相続時にかかる相続税が減っていきます。

それなら個人でも簡単にできそうですが、実際には税理士と相談の上、計画的にうまく贈与を進めていく必要があります。
なぜなら贈与には贈与税という別の税金があり、これを意識して贈与を進めていかないと、むしろ贈与税の方が高くつく場合があるからです。
もし相続税がそれほどかからないなら、焦って贈与してこちらで税金がかかると、むしろ損になりますよね。
ですからまず税理士へ相談し、節税対策が必要かどうか、どんな対策が有効なのか、相談するといいです。
まずはこのような依頼に応じる税理士が多いですね。
現在の見込みの相続財産を計算し、それにかかる相続税を計算して、生前贈与が必要かどうかを判断されます。

もし相続税対策が必要とわかったら、贈与税の対象にならないような生前贈与の方法を教えてもらえます。
基本的なのは、年間110万円までの贈与です。
これが贈与税の基礎控除の金額になります。
つまり年間110万円までなら、贈与しても税金はかかりません。
早くから相続税対策の相談をしていれば、これを毎年繰り返し、少しずつ生前贈与を進められます。
10年間続ければ、1000万円近い財産を非課税で贈与できるんです。
この方法で自分の財産を減らせば、もし仮に相続が起きたときでも財産が少ないため、相続税もかからなくなる場合もあります。
それだけ遺族の負担も軽くなるわけですね。

名古屋で相続に詳しい税理士へ相談すれば、このような節税対策の相談もできます。
主な依頼内容の1つですから、相続税などが心配な方は早めに相談へ行くといいでしょう。