名古屋の税理士へ相続を相談したときの費用

名古屋で相続に困ったとき、地元の税理士へいろいろと依頼できることがありますが、それぞれで費用がかかります。
ここは確認してから利用したいですよね。

まず税理士への依頼が一番多いのは、やはり相続税の依頼です。
相続税の相談や税金の計算、申告の代理といった依頼ができるのは、世の中で税理士だけです。
相続に困ったときの依頼も一番多いのですが、これを依頼するときの費用は、遺産の総額によって決まります。
たとえば遺産総額が1億円ほどあると、50〜100万円ほどで相続税の依頼を受けてくれます。
5000万円くらいなら、30〜50万円くらいですね。
このように遺産総額に合わせて依頼費用も増減する形です。

だいたいの相場ですが、遺産総額の0.5〜1%が、依頼費用として請求されます。
遺産総額の何%を料金とするかは各税理士によって違うものの、この形式で計算している事務所がほとんどです。
そのため遺産総額が多い相続になるほど、相続税の依頼費用も高くなります。
この点は押さえておきましょう。

ちなみにこの料金は、相続税の計算と申告の代理について請求されるものです。
これ以外の仕事を依頼するときは、また別に費用が掛かる場合があります。

たとえば遺産調査です。
相続税の計算をするためには、遺産の総額を明確にしないといけません。
そのためには遺産を調査する必要がありますが、ここから税理士にやってもらいたいなら、また費用がかかります。
料金は一律で10〜20万円と決まっている場合もありますし、それら頭金と調査の回数や遺産の総額に応じた変動報酬を合わせたものになる場合もあります。
いずれにせよ無料で対応する場合はあまりないため、依頼前によく確認してください。

税理士に頼めるほかの業務とは、たとえば遺産分割のサポートです。
相続税などの申告は、遺産分割が終わってからの依頼になります。
これが終わってないなら、まずはこちらを終わらせないといけません。
そのサポートを税理士に希望するなら、1時間あたり5000円といった相談料や、書類作成1通あたり5000円といった費用がそれぞれかかります。
名古屋で相続関係の依頼を税理士にした場合、このような費用がかかります。